ニューズ・レター2
水土里情報活用例『ニューズ・レター』
      →過去のニューズレター

1.岩手県:ドローンで取得したデータの蓄積・共有・利用について
2.群馬県:水土里情報を活用した中山間地域等直接支払い等の傾斜度算定に活用可能なシステムについて
3.三重県:多水土里情報を活用した作付実態調査について
4.高知県:水利権更新のための作付実態調査について
5.福岡県:水土里情報システムを活用した農地、農業用水利施設の一元管理について

1.青森県:水土里情報システムのデータバンクとしての活用に向けた検討について
2.静岡県:三次元点群データを活用した松の調査について
3.兵庫県:多面的機能支払事務管理支援システム(GIS 版)について
4.愛媛県:水土里情報システムを活用した水利権更新業務について
5.沖縄県:宮古土地改良区における適正水利用のためのICT活用について

1.北海道:共有・相互利用の更なる推進への取組について
2.山梨県:水土里情報活用した中山間地域等直接支払いについて
3.石川県:水土里情報を活用した農業水利施設情報可視化業務について
4.香川県:Googleマップを利用した現地調査への活用について
5.熊本県:水土里システムを活用した豪雨災害における取組について
6.農水省:地理情報システム高度利用推進事業研修会について

1.福島県:施設機能診断におけるモバイル端末を活用した現地調査方法の検討事例について
2.千葉県:現地調査用GIS:水土里モバイルJSシステムについて
3.大阪府:水土里情報システムを活用した施設情報等の管理について
4.徳島県:QGISを用いた水土里情報の活用事例について
5.鹿児島県:水土里情報を活用した中山間地域等直接支払業務について

1.山形県:電子ファイリングシステムと連携した資料管理について
2.埼玉県:土地改良施設情報のGISデータ整備
3.愛知県:人・農地プラン実質化に向けた図面作成について
4.山口県:土地改良区施設台帳のGIS化について
5.宮崎県:水土里情報とグーグルマップによるため池マップについて

1.秋田県:水土里情報を活用した市町村の農業水利施設管理体制図の作成について
2.栃木県:農業水利施設保全管理システムの取り組みについて
3.福井県:人・農地プラン実質化に向けた図面作成について
4.広島県:水土里情報と各種公開データを活用した地域分析について
5.大分県:水土里情報システムとUAV3D点群データの活用例について

1.岩手県:被災農地の復旧状況を見える化
2.神奈川県:LGWAN回線とインターネット回線双方から利用可能な水土里情報クラウドシステムの導入について
3.滋賀県:水土里情報を活用した制水弁マップについて
4.岡山県:水土里Mapsにおける法務局登記情報の活用について
5.長崎県:タブレットを利用した農地利用状況の現地調査について

1.青森県:水土里情報を活用した転作作付状況のとりまとめの効果
2.群馬県:UAV(ドローン)を利用した現地確認及びオルソ画像の更新
3.岐阜県:Googleマイマップを利用した情報管理及び経路ナビについて
4.島根県:タブレットを活用した字切図作成(災害増高)の現地確認について
5.佐賀県:ドローン等を活用した農地・作物情報の広域収集・可視化及び利活用技術の開発について

1.宮城県:地理情報システムの活用による土地改良区業務の効率化
2.茨城県:土地改良施設情報のGIS化と土地改良施設台帳整備
3.新潟県:ほ場整備事業におけるGISの活用
4.鳥取県:水土里情報システムにおける農業水利施設情報の一元管理
5.福岡県:モバイル版クラウド水土里情報を活用したため池緊急点検調査